FC2ブログ
処分用感想文
個人的な読書感想文
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ノルウェイの森」・上巻の感想の続き
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る
この作品の上巻だけを読んでいて思い出したのは、かつて週刊少年ジャンプで連載されていた「幕張」の担当編集(当時)の瓶子吉久という人のことだ。

彼はハロージャンプガイ(編集後記)で、やたらと「いいCDがあるんですよ」などと何度となく語って、オレって趣味がいいんだぜ通なんだぜのようなことをアピールしたり「「ノルウェイの森」を久しぶりに読み返して大学生活を思い出した。自分を客観視できるようになったということだ」
とかコメントしたりして、なんだかナルシズム丸出しの自意識過剰でイタイおっさんだなあと思っていた。
そのうちに、案の定、「幕張」の作中で、妻帯者であるにもかかわらず自分の担当している女性作家に手を出していたことが暴露されてしまった。
当時はこれは、ギャグの一環かと思われたが、本当に離婚して浮気相手と再婚した(かずはじめという説がある)ので、たぶん本当の話なのだろう。

よく「村上春樹の作品に癒される・・・」のような話を聞くが、この作品にある「癒し」というは、この瓶子吉久のような過剰なナルシズムを抱えた人が、それを肯定させてくれるようなことを指すのではないだろうか?
ひらたく言ってしまえば、オナニーである。
そう思えてしょうがないほど、この作品は、ダラダラとした大学生の身の下話を味気ない表現で装飾したものに終始している。
光もなければ陰もない、立体感を喪失した昼行灯みたいな世界だ。
テーマはない。
というか、聞いた話によると村上春樹はテーマのようなものを徹底して隠すらしいのだ。
そんなものを有り難がる人の心理は未だにさっぱり理解できない。

近々映画化されるそうだが、この作品は村上春樹の現実逃避しているような筆致があるからよしとされているので、実際に映像にしてみたら、かなりマヌケなものになるのではないだろうか?

私には、直子とワタナベが草原で、脳天気な会話をしながら、青姦+手コキでイッてしまうくだりなどが「これが文学として褒めそやされるなら、SODの企画ものAVは超一流のエンターテイメントではないだろうか?」と疑問に思えてならなかった。

というわけで、予想通り厳しい感想になってしまったが、今日は下巻を買ってきた。
内容には全然期待していないが、これをやたら有り難がる人たちの心理は何とかして分析してみたいなと思う。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。