FC2ブログ
処分用感想文
個人的な読書感想文
201903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業
グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 (幻冬舎新書)グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 (幻冬舎新書)
(2009/07)
夏野 剛

商品詳細を見る
タイトルが煽り気味だが、中身は割としっかりしている。
というか、煽り気味というより、地に足のついていない情報に煽られて出来もしないことをしようとするなという警告に近いものだ。
そして、他の本同様、既存のやり方はダメだダメだという割に新しいビジョンが描けているとも言いがたいものになっている。
(会議をまとめて方向性を決めるより、リーダーに責任を集中させてスピードを早めたほうがよい、という話も出てるが)

本書の作者の夏野剛は、あのひろゆきが絶賛するほどの人物なので(寿司でもおごってもらったのだろうか?)インターネットを利用したビジネスについて、現実的なアドバイスを行っている。
今のリアルでの商売がうまくいってない人はネットに参入したからといって、それ以上のものが手に入るはけではない、とかそんな感じだ。

僕が特に感心したのは、「ネットのリテラシーが低い層を相手にしてもしょうがない」と言いきっていたところだ。
潜在的な市場として切り開くことを考えているのかと思ったら、切り捨てちゃうのか。
てっきり、ピラミッドに一番下の土台のように大きい層をいかにとりこむか、その手段として非PCユーザーのケータイ層を取り込むか、というような展開になるかと思っていたので意外だった。
ケータイで一番売れているのはコミックで、しかもBLとかエロ漫画などのジャンルを成人女性が購入しているそうだ。
夏野さんのロジックに従うと、こういう層を切り捨てることになると思うのだが、僕の認識が間違っているのだろうか?

この手の本の特徴として、現状を貶して貶して貶しまくった後に
「しかし日本のポテンシャルは高い」
といきなり国士じみた日本万歳論になることが多いが(読んでてやる気なくすのを中和するためではないかと思う)この本も例外ではない。
(確かにニコニコ動画は親方日の丸だが)

こういう国レベルの話や世代間対立構造に持ち込んで読者を煙に撒くのは、本当は先が読めないのに「私にもわかりません」とは立場上言えない人がよく使うゴマカシのレトリックなので余りいい感じはしない。

全体として、間違ったことはいってなく、ビビッドではあるが、「結局どうすりゃいいんだよ?」という感じもする。
この手の本を手にする人なら、みんな薄々感づいていたことを文章にしただけなので、バシッとした解答があるわけでもない。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。