FC2ブログ
処分用感想文
個人的な読書感想文
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家の品格
国家の品格 国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


「すべての日本人に誇りと自信を与える画期的日本論!」という帯のコピーをみると、右翼のアジテーションみたいだが、内容は(確かに右っぽいところもあるが)やさしいトーンで理想主義に近いことが書かれている。

論理でつきつめていくと決断ができない場合は、情緒を重んずるとよい。というのが作者の主張。
それ自体は、情報が多すぎる現代のニーズにあっていると思う。
しかしその「情緒」の定義が曖昧なので、作者の主張を丸ごと受け入れるのもやや危なっかしい。

その情緒を計るスケールとして持ち出されているのが、武士道である。
「武士道は国家という概念の始まる前にあった精神論で、それを国家にあてはめて考えるのは無意味」
という向きもあるようだが、P121で「武士道に明確な定義はありません」と書かれてあるように、「武士道・・・のような精神的な高潔さ」というような、一種のメタファーとして捉えればいいのではないかと思った。

近代の歴史を振り返りながら、その問題点を指摘している。
民主主義といえば金科玉条のような使われ方をしているが、実際は衆愚政治に堕ちて戦争を始めることも多い。
その際、第1の権力に治まるのは、国民を煽るマスコミだそうである。
(朝日新聞には、「我々は・・・」という明確なスタンスを持って欲しいものである)

そういった負のスパイラルを防ぐには長期的なビジョンを持った真のエリートにがんばってもらうしかないそうだ。

作者の藤原正彦さんは、満州生まれ。
生まれた国がなくなった人が、国家を憂えるのというのも興味深い。


ネットとリアルの距離感が掴めなくなってきた人、あるいはネットとマスコミ、どちらが正しいのかわからなくて頭がこんがらがってしまった経験のある人などにお薦め。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。