FC2ブログ
処分用感想文
個人的な読書感想文
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブ社会をどう生きるか
ウェブ社会をどう生きるか ウェブ社会をどう生きるか
西垣 通 (2007/05)
岩波書店
この商品の詳細を見る



西垣通さんがウェブ2.0の落とし穴について社会学的に語った本。

どうでもいいことだが、西垣さんが小説を書いていたとは知らなかった。
昔、日経新聞で「最近のオタクをやたら持ち上げる風潮が嫌いだ」というインタビューを読んだときに、妙に納得してしまった記憶がある。
何箇所か、「詳しくは自著○○を参照して下さい」というセールストークが出てくるが、意外に商売熱心な性格なんだろうか?

前半の情報に関する記述は、哲学や社会思想にまで遡っているためやや難解で、とっつきづらいものの後半の話を読み返した後だとわかりやすい。

生命情報/社会情報/機械情報(P23)
「情報とは小包のような実体ではなく、人と人、生物と環境を結ぶ“関係”である」という主張。
つまり、検索エンジンでは言葉の定義はすぐに表示されるが、その言葉が生まれるまでの文脈がわかるわけではない、ということか。
これは、養老孟司の「人は変わる、情報は変わらない」という説と全く逆のスタンスである。

別の言い方をすると
・検索結果をコピペしても教養は見につかない
・思考過程はサンプリングできない
(かつて大島永遠の「女子高生」という漫画にあったように、黒板の板書をノートをとらずにケータイの撮影で済ませても、結局は頭に入らない。)といった話に対する警鐘である。

ベネディクト・アンダーソンの「想像の共同体」によると、国民国家は「想像の共同体」だが、これを成立させた要因のひとつに「共通言語で書かれた新聞」があったという。(P27)
これはケータイやネットが共通言語を殺し、民主主義を後退させるというサンスティーンの説と裏表で合致していて興味深い。
私には、新聞が衰弱死していく一方で、「共通言語で書かれた掲示板」が村社会を露呈させているように見えるが。

またグーグルをアメリカの一神教の文化として捉えている点も面白い。
これは
「2ちゃんねるには多数の「光臨する神」がいるみたい。いかにも「八百万の神」の国だなあ、と思う。」
という白田秀彰さんの話と裏表で合致していて非常に興味深い。
ネットのアプリケーションに国民性が出てくるというわけである。
そうい考えれば、ヨーロッパでグーグルに対抗して検索エンジンを開発しているのがフランスというのも非常にわかりやすい。
フランス国民のアメリカンカルチャー嫌いは有名だもの。

「むしろ私には現在、ウェブ礼賛論が安易に既存の専門知を排斥し、あらたなウェブ照合知を主張するあまり、急速に知の堕落が生じつつあるのではないか、という懸念があるのです」(P72)
メタルギアソリッド2の雷電がまたここに一人。
ひろゆきのいうように、集合知は同時に集合愚であり、それを活かすも殺すも人次第ということ。

「真のアイデアを練るには情報は少ないほうがいい」(P139)
またもやこの意見が出てきた。
西垣さんは団塊世代、戦後のモノのない時代から、カタログ文化、情報革命を経てきた人がこういう結論にたどり着くのは感慨深いのかも。

「教え込み型」教育と「しみ込み型」教育(P142)
ここでも「身体を使え。身体を持たないものに真の知性はない」という結論がでてる。


テーマが心の問題ということもあり、難解なとこもあるが、P173以降のまとめ(真の情報学的展開へ)がよくまとまっていて親切な本である。
(全部読むのがめんどくさい人はここだけ読むだけでもいいと思う)

「ウェブ進化論」の影響で、ウェブ2.0ウェブ2.0とバカの一つ覚えのように連発してる脳天気な人にお薦め。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。