FC2ブログ
処分用感想文
個人的な読書感想文
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブは資本主義を超える
ウェブは資本主義を超える 「池田信夫ブログ」集成 ウェブは資本主義を超える 「池田信夫ブログ」集成
池田 信夫 (2007/06/21)
日経BP社
この商品の詳細を見る

最強のツンデレブロガー・池田信夫のブログをまとめたもの。

タダで読めるブログをまとめたものを何故、わざわざ金をだして買うのか。
モニタより本のほうが読みやすいからというのもあるが、やはり内容が気に入っているので、所有(参加)したくなっているというのが大きいだろう。
漫画でも週刊連載を読んでいるのに単行本は買うし、音楽でもシングルは持ってるのにアルバムまで買ってしまう。
人は信頼や興味や好奇心にカネを払うのである。
おそらく、本屋でたまたま買ったという人は少なく、ブログのほうも読んでいるが単行本も買ったという人がほとんどだろう。


山形浩生との生産性論争などの「ケンカネタ」は削除されている。
2ちゃんねるでは、どんな書き込みであれ信頼性がないため、本人への中傷にはなっても世間一般における名誉毀損にはならない。
むしろ、自分のブログで大人気ないことをやったほうが、評判を下げるということに気付いたようだ。

また従軍慰安婦問題も、ネットから既存のマスコミを検証するという構図をはっきりと打ち出したものになっており、あのヘイトスピーチそのまんま(にしか見えなかった)のコメント欄は提示されておらず、納得のいくものになっている。

2ちゃんねるに関する認識はブログではかなり頓珍漢なものだけだったが、コメントなど指摘をもとに修正を重ねたため、まっとうなものになっている。
つまり、コメントが校正になっているのだ。
集合知、CGMの応用例といえるだろう。

やはりブログは即時性がある上、コメント欄やトラックバック等のインタラクティビティを持っているため、感情的になりやすい。
ブログの単行本化はそういった感情論を排除し、普遍的な価値を高めるという意味があるのだろう。
ブログはフロー、単行本はストックという言い方も出来るかもしれない。


元のブログが横書きのため、そのまま横書きにされている。
せっかく格調高い文体(絵文字やAAなども一切ない)なので、むしろ縦書きのほうがよかったのではないかと思うが、編集が面倒になるのだろうか。
日本語は、基本的に縦書きのほうが読みやすい。
内容も硬めなので、むしろ図版を多くしたほうがよかったのではないかと感じた。


今、ネット関係の本がたくさん出版されているが、この「ウェブは資本主義を超える」とひろゆきの「2ちゃんねるは何故潰れないか」の2冊を読めば、他は特に読まなくてもよい。

作者が読者として想定しているのは「若手の官僚」だそうである。
ようするに学者がエリート向けに発信しているものだ。

他方、ひろゆきは、常に最も数が多い層とのマッチングを考えている。
大衆からの支持を常に考えている。ただし、この姿勢はインターネットの課金システムが今のところ極端に広く薄いものからしかない上、ひろゆきの「何もしなくてもお金が入ってくるようにしたい」というグータラな性格からきたものだろう。

エリートと大衆、この二つで現状はほぼ全てカバーできる。



スポンサーサイト

テーマ:**おすすめbook!!** - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。