FC2ブログ
処分用感想文
個人的な読書感想文
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メディアは戦争にどうかかわってきたか
メディアは戦争にどうかかわってきたか 日露戦争から対テロ戦争まで (朝日選書(778))メディアは戦争にどうかかわってきたか 日露戦争から対テロ戦争まで (朝日選書(778))
(2005/06/10)
木下 和寛

商品詳細を見る
メディア側からみた戦史

例えば、あなたが誰かとケンカをしたとする。
それでその相手が卑怯な手を使ってあなたをノックダウンさせたとする。
そのケンカに負けたのはあなただ。
しかし、その一部始終を見ていた観客が、その男を卑怯者扱いして糾弾し、そいつを村から追い出したとしたらどうだろう。
最終的な勝利者はあなたなのだ。

というようなアイロニーに満ち満ちた本。

具体的にいうと、戦争について政治家と軍人がいかにマスコミを味方につけようと戦ったかを解説した本。
日露戦争からイラク戦争まで、要点を押さえ、世論の風向きに対する戦いの戦史が描かれている。

チャーチルとゲッベルスの宣伝合戦は、アメリカの立場をどうするかが狙いだった。
やはり、ゲッベルスは多くのナチ幹部がそうだったように、下品で直情的ながら、煽動のメカニズムを設計したという点ですごいなと思った。
PKというプロパガンダ部隊まであったそうだ。

またアメリカがベトナム戦争に負けたのは、国内の反戦運動に負けたという認識が当時の軍人の間ではあるそうだ。
スタッブ・イン・ザ・バック・シンドローム(背後からの一突き症候群)」というそうだ。
朝鮮戦争に比べ、ベトナム戦争では報道に対する規制を緩めた。
そこにTVという巨大化したメディアが乗り込んできたため、ベトコンの現場処刑などの残虐シーンがアメリカのリビングルームに直で流れ、反戦運動が激化したとのことだ。

その経験から、アメリカはパナマ侵攻時は「プール」、湾岸戦争時は「エンベッド(埋め込み)」といった報道機関の巧妙な抱え込み作戦を構築するに至った。

しかし、イラク戦争時にはインターネットがあった。
それに対する対処法はまだ完成してはいないようだ。
FOXがアルジャジーラに勝ったという話はきかない。

と書いていて思ったのだが、改めて日本のメディアは日本的な馴れ合いが激しいなあと思った。海外のメディアは自分の立場を明確にして戦っているのに対し、日本のメディアは周りの顔色を伺って特オチしないようにしているだけだもの。

メディア側からみた戦史書としてお薦め。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。