FC2ブログ
処分用感想文
個人的な読書感想文
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊藤勝彦・著「デカルト」
デカルト (センチュリーブックス 人と思想 11)デカルト (センチュリーブックス 人と思想 11)
(2000)
伊藤 勝彦

商品詳細を見る
宇宙論・方法序説・省察・情念論など
昭和4年生まれ、若い頃を戦争の混乱に生きた作者が、17世紀のフランスの哲学者、ルネ・デカルトの人生を追いながら、その哲学とそれを生み出した背景について解説した本。
方法序説について一冊くどくど解説した本ではない。


デカルトは1596年3月31日、フランスのラ・エーで生まれ、54歳で生涯を終える。
20歳の時に学問の限界を感じて、「世間という大きな書物を求め」軍隊に入隊する。
(自分探しか?)

その後、1618年にドイツで30年戦争が起きると、オランダから戻って参戦。
その時、ドナウ河のほとりウルムの近郊の村での、炉部屋における思索から自然科学者から哲学者へとシフトがあったという。

1625年にイタリア旅行から戻ってパリに住み、バルザック、シロン(文学者)ミドルジュ(数学者)、そして学僧メルセンヌなどと交流をもった。
数学をベースにした学問の統合ってこのへんからかな。
数学のXY座標の平面を考案したのはデカルトだそうだ。
中ザワヒデキの「方法」ってこれが元ネタだったのか。

スウェーデンのクリスティーナ女王に招かれるが、肺炎で死去してしまう。
クリスティーナ女王は「愛についての書簡」(恥ずかしいネーミングだな)で感銘を受けたのが、招聘するきっかけだっという。
というのが大まかなデカルトの人生。


レンブラントの絵画(「開いた本の前の哲学者」)などを引用しながら説明しているあたりは、エロゲーを引用しながら社会学を語る東浩紀のようだ。

デカルトは自由を求めてオランダを放浪したそうだ。
そういえば、アムステルダムにはドラッグから売春まで、堕落した娯楽の全てがある、と高部正樹と言っていたな。

「幻影の自我」「哲学者であることの矛盾」(P96)
は、宇宙が非中心的であることを説明しようとすると、「その考えに囚われている自分」が矛盾してしまうという話。
ひとつの考えに囚われることは、思いこみであり、思いこみは宇宙(世界)の中心に自我をおくことに他ならないからだ。
これは現在の、メディアの偏向性や「伝えること・見ることがすぐ荷担することになる犯罪」に通じていて面白い。


興味ない人にとっては難解だが、たぶん専門的に勉強している人にとっては何をいまさらといった感じだろう。
しかし、私にはこれくらいで丁度よかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。