FC2ブログ
処分用感想文
個人的な読書感想文
201903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「行動できない人」の心理学
「行動できない人」の心理学「行動できない人」の心理学
(2008/01/08)
加藤 諦三

商品詳細を見る
深層心理から逆算した自己啓発本。

物事を行動におこせない、実行に移せない人の心理を分析し、善後策を語った本。

主に親子関係から人格構造を推察しており、

「上手さや正しさを求めるな」
「他人をけなす人はおびえている人である」


など自分で決めつけた理想論に縛られることを戒め、自分自身を責め立てるストレスからの解放を指南している。
まず余計な思いこみや他人からのネガティブ情報をシャットダウンし、自分をプレーンな状態にもっていくこと。
とかいってると、ヨガや宗教のイニシエーションみたいだが、そういったことは日常の連続から可能なのだ。

そして、動き出したら、それを止めないことも説いている。

「疲労感を持った時は身体を動かせ」
「人間のエネルギーは使わないと衰弱する」
「他人にエネルギーを使わない人は、自分のためのエネルギーもなくす」


などの話だ。
確かに充実した生活や、達成感は次の行動へのモチベーションになる。

「ふとバカらしく思えても、止めないこと」
「面白いから練習するのではない。練習するから面白くなるのだ」
「取れない球は追わない。この態度は正しいか?」
「合理的な態度は、人生全体において非合理である」


など意味があるから行動するのではなく、行動に意味がついてくるような事柄の重要性について解説している。
これは、経済学でいうサンクコストを埋没させることの出来ない心理の裏返した(しかし人間として非常に自然な)説明となっていて、興味深い。

そういえば、「テロと救済の原理主義」にも、食料やインフラといった物理的な救済の他に、「誇りの再分配」がテロ組織を生む土壌の解体に必要不可欠であるとも書いてあった。
人間は損得だけで合理的に動くわけではない。

では、その合理性以外のものは何かというと、「ハイエク」にあったように習慣性だったり、「テロと救済の原理主義」に記されたような「誇り」だったりするのだろう。
人を承認し、褒めちぎって「誇り」を回復させたり、ある程度距離を置きながら価値観は否定しない「寛容さ」などは、経済的には非合理的で無意味だが、感情の生き物である人間に対するケアとして必要なものなのだ。

人間は事実によって不服になるのではない。事実をどう解釈するかということによって幸福になったり不幸になったりするのである。(P115)



また自己の確立へのアドバイスも含蓄に富んでいる。

「自分を発見したいなら、ノーといいたい時にイエスといわないこと」
「小さなことも億劫がるな」
「自然な感情から眼をそむけてはいけない」


など、自分を殺すことが即ち大人になることだ、という観念に縛られた現代人には結構新鮮に聞こえる話が多いと思うのだがどうだろうか。
自分のエゴイズムに自覚的でなければ、自分をコントロールすることも自分を育てることも不可能なのだ。

自己啓発本だが、よくある表面的なレトリックに終始したものではなく、本質的な部分の分析がなされており、面白い。
体育会系の人間がよく理解できない、と思っているような人には特にお薦め。
スポンサーサイト

テーマ:**おすすめbook!!** - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。